mail
メール
こちらから

岡田精工の良心として

坂本 達也 (品質管理課 課長)

1995年 中途採用

岡田精工の良心として

機械の組立に携わった前職から、岡田精工の製造課に入社し、気がつくと24年もたっていました。 製造の現場と品質管理双方の経験をいかし、岡田精工の「目」として、お客さまに信頼していただける品質を守ります。

関わったすべての仕事が結果につながる

Q1.やりがいを感じるのはどんなとき?

関わったすべての仕事が結果につながる

私が所属する品質管理課は、一般的に製品が完成した後を担当する部署です。一方弊社の品質管理課は、お客さまからのご注文をお受けした直後、作業工程や加工の方法を決める段階から製造に関わります。

具体的には、お客さまからお預かりした図面への実際の作業に必要な情報の追加、加工された製品のチェック、出荷までの管理、出荷後のお客さま対応などです。

工程や加工の方法を改善したことで不良品が減った、生産効率が上がったなど、小さな積み重ねが結果につながったときにやりがいを感じます。

Q2.応募者へのメッセージ

視野を広く持ち、新たな未来をひらいてほしい

この会社には、前向きな気持ちで「やりたい」と言ったことをサポートしてくれる環境があります。もちろん、それに対する必要性や結果は求められます。けれど失敗も含め、社員の挑戦は応援してくれる会社です。

これから私たちの仲間となる方には、1日も早く業務に慣れ、視野を広げて新たな可能性を見つけてほしいと思っています。この仕事には、自ら動くことで生まれるチャンスがまだまだあります。ぜひ一緒にものづくりの未来をひらいていきましょう。

ものづくりの喜びを次世代に

山科 次郎 (製造課 課長)

2005年 中途採用

”母なる機械”の異名を持つNC旋盤に惹かれ、長く機械製造に携わってきました。 ものづくりの喜びと、多くの人に必要とされる技術をこれからの世代に伝えていきたいと思っています。

図面のイメージが形になる喜び

Q1.やりがいを感じるのはどんなとき?

図面のイメージが形になる喜び

私は何度か転職をしながらも、NC旋盤での加工業務に携わってきました。鉄を削るという仕事が、単純でありながらどこまでも技術を高めていけることや、NC旋盤があれば、どんな機械でも作れること。その可能性の大きさに惹かれ、現場での仕事に打ち込んできました。

現場では、お客さまからお預かりした図面に沿って、自分で工程と削り方を考えてプログラムを作ります。頭のなかでイメージしていたものが形になったときの、喜びや達成感はかけがえのないものです。

努力が正しく評価され、自分の力を試せる環境に

Q2.応募者へのメッセージ

努力が正しく評価され、自分の力を試せる環境に

弊社では現在、受注から出荷までを見える化し、日々の生産実績や生産効率を数字で見られるシステムを開発しています。大きな目的は会社全体として生産効率を上げていくことですが、個人の業績も数字で見えるようになります。

これまではおおよそでしか把握できていなかったことが、具体的な数値で表され、個人の努力が正しく評価されるようになります。既存の社員にはもちろん、これから仲間になる方にも、会社を信頼し、未来を担う仲間として一緒にがんばってほしいと思います。

CONTACT

お問い合わせはこちらから

わたしたちと一緒に働きませんか?
あなたからの応募を心からお待ちしております。

岡田精工に問い合わせる

(0866)99-9134

TOP > 社員紹介